奨学金に関する基本的な情報を紹介しています。学生さんにとってのメリットについて詳しく説明しています。

奨学金をすすめる理由

奨学金を使うのは良いことだと思います。 大学、短期大学、専修学校の奨学金についてです。日本学生支援機構が最も有名です。また、他にも学校独自のもの市などが運営するもの、医療系学校などでは、病院や医学協会が運営するものなど様々あります。私は、私立大学に勤めるものなのですが、6〜7割の学生が何らかの奨学金を受けているのが現状です。

日本学生支援機構は、貸与が中心になります。ただ、無利子の一種と有利子の二種があります。無利子のものは、自宅からの通学か、自宅外からの通学で異なりますが、5万円前後が一月の貸与額になります。有利子のものは、最大で12万円の貸与をうけることができます。また、入学時にのみ、増額して貸与をうけることがてきます。この奨学金の最も良いところが、卒後半年が経過してからの返済開始になります。多くの場合では、卒業と同時に返済の開始が始まることになります。働き始めて、少し余裕ができた時からの返済を見越してくれているので、安心して返済ができます。また、公的な機関が運営しているので、失業など経済的な大きな問題が生じた時に柔軟な対応が受けられる可能性があるということも大きな魅力です。再進学をする場合などでも、在学期間中は返済猶予が得られるなど、勉学に非常に強い味方になります。


Copyright(c) 2017 奨学金を使うのは良いことだと思います。 All Rights Reserved.