奨学金は基本的には親の収入が低くても、子供たちを自分たちの夢に向かわせてくれるものです。有効に使いたいです。

学生の砦奨学金について

奨学金を使うのは良いことだと思います。 私は高校時代、進学校に通っていて、大学に進学するのがずっと目標でした。しかし、母子家庭である上に母も病気で、電気や水道も止められるくらい生活に切羽詰っていました。だから、大学進学は夢のまた夢でした。でも高校時代の私は目の前の勉強に精一杯で、お金のことまで考えている余裕がありませんでした。やはり、国公立でないと自分は行ける可能性すら生まれてこないという危機感に襲われながら勉強していました。

そして、センター試験が終わり実際に受ける学校を決める段階で、避けてきたお金の問題に直面しました。母は病気である上に、収入もないので、もちろん教育ローンを借りることもできずに、本当にどうなることかと思いました。でも、結果的には母が収入がないお陰で無利子の奨学金を借りることができました。入学以前には奨学金は支払われないので、初期費用を用意する時には親戚に頭を下げて、とても苦労しました。しかし、入学後は奨学金のお陰で学費に悩むことはなく大学生活を過ごすことができ、本当に感謝しています。結果的には、国公立に進学することはできなくても、奨学金のお陰で自分のすきな勉強に励むことができました。奨学金は、例え家庭がどんな状況でも、子供たちに平等に学習の場を与えるための必要なものだと強く感じています。


Copyright(c) 2017 奨学金を使うのは良いことだと思います。 All Rights Reserved.